DXF2KML利用時のTip

頑張ってDXF作って変換したのにぶっ飛んだ位置にGoogleEarth君がまわってゆき、思った通りに表示されないとき。

たぶん、一部座標値が正しく変換されていない可能性が高いです。

そんなときは。

 

1.kml、kmzをテキストエディタで開き、【NaN】という値を探してみましょう。もちろん、coordinate項目にあるはず。

見つけた項目のハンドルIDがわかると思うので、それを使ってオブジェクトを修正します。

 

2.元のDXFファイルをAtuoCADで開き、オブジェクトを修正します。

どれかを調べるのに便利なのが、(HANDENT “HandleID”)とうコマンド。

たとえば、どれかを見つけるときに_zoomコマンド、オブジェクトオプション(0)をした後で、先の(handent “handleID”)を使うと、画面を移動してくれます。

3.なおし終わったDXFを再度DXF2KMLで変換したら指定した座標位置に出てくると思います。

 

「DXF2KML利用時のTip」への4件のフィードバック

  1. DXF→KML変換を探してここにたどり着きました。
    変換したデータは理想的で大変ありがたかったです。

    しかし、位置がうまくいきません。
    【NaN】が見つけられないですし、HANDENTというコマンドも実行できません。

    なにか心当りありますでしょうか。

    道路の平面図を変換したいと思ってます。
    AUTOCADLT2016です。

  2. うちは13系なので
    +proj=tmerc +lat_0=44 +lon_0=144.25 +k=0.9999 +x_0=0 +y_0=0 +ellps=GRS80 +units=m +no_defs

    としてみたらうまくいきました!!

    すばらしいシステムですね!
    ほんとにありがとうございました!

    1. 気に入っていただいて幸いです。

      handentはAutoLispなので、LTだと使えないのですね。
      確か元々座標値の設定がおかしいか設定されていないおかしなエンティティでNaNが発生していた気がするので、DXFの中からそういうオブジェクト項目を削除いただければ。。。なのですが、これはこれでDXFの構文を少し調べてもらわないとならない。
      気合いでお願いします。

      妙なオブジェクトを排除するためにauditしたり、wblock書き出しして洗練したデータにする手もあるかもしれません。(試していないので確証はありません、ごめんなさい)

      13系でしたらその設定でokです。
      我ながら不親切で申し訳ないです。今期に、JGD2011の定義をダウンロードページに記載しました。

  3. コメントありがとうございます!

    前段部分は私にはチンプンカンプンで・・・^^;
    でも満足しております!

    JGD2011バージョンも参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です