FirefoxをJava Plug-inエラーから救う手順

このエラーはconfmaniaというextensionを使ってUserAgentをIEと見せかける設定にした状態でFirefoxを起動し直すと陥ってしまうようです。結構な人がこの問題により、大きな財産を失っている模様。
とはいえ、extensionを使ったマニアックセッティングなど、当然自己責任。自分で直しましょう。


さて復帰方法。
まず、
c:program filesjava(ドライブ等は環境によって違う)
のjavaフォルダをちょいとリネーム。_jafaなどにしておきましょう。(掲示板の情報通り<汗>
そしたらfirefoxを起動。このとき、ゴースト化したfirefoxはタスクマネージャでプロセスを殺しておきましょう。
そうしないと起動しない。
起動したら、confmaniaを使ってUserAgentをDefaultになおします。
そして一度firefoxを終了。
_javaなどとしておいたフォルダ名を元の「java」というフォルダ名に直す。
これで今まで通り情報の生きた状態のfirefoxが返ってきます。
confmaniaでUserAgentを変更するのはやめておきましょう。
サポートされるとうれしいんですけどね。。いつもUserAgentSwitcherでIEにするのは面倒。
しかもブラウザチェックしているDellなどのサイトだとはじめからIEてことにしておかないと蹴られてしまって問題あり。
起動するときからagentを偽るから問題がある状態か?
なんとかなりませんかねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です