hdparm–玄箱HG–

この設定が吉と出るのか、凶と出るのか。
hdparmでの環境設定。
今回のHDDは
/dev/hda:
Model=HDS722516VLAT80, FwRev=V34OA6MA, SerialNo=hogehogehoge
Config={ HardSect NotMFM HdSw>15uSec Fixed DTR>10Mbs }
RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=52
BuffType=DualPortCache, BuffSize=7938kB, MaxMultSect=16, MultSect=16
CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=268435455
IORDY=on/off, tPIO={min:240,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
PIO modes: pio0 pio1 pio2 pio3 pio4
DMA modes: mdma0 mdma1 mdma2
UDMA modes: udma0 udma1 udma2 udma3 udma4 *udma5
AdvancedPM=yes: disabled (255) WriteCache=enabled
Drive conforms to: ATA/ATAPI-6 T13 1410D revision 3a:
* signifies the current active mode
ですので、hdparm.confを設定してみた。
DEFAULTだと
dmaがonでIO_supportが16bitなだけだったので、multcountを16として
IO_supportも32bitにしてみました。
kurobako:/# hdparm /dev/hda
/dev/hda:
multcount = 16 (on)
IO_support = 1 (32-bit)
unmaskirq = 0 (off)
using_dma = 1 (on)
keepsettings = 0 (off)
readonly = 0 (off)
readahead = 8 (on)
geometry = 20023/255/63, sectors = 321672960, start = 0
そんなhdparm.confは
/dev/hda {
mult_sect_io = 16
write_cache = on
io32_support = 1
spindown_time = 720
dma = on
}
こんなん。
spindown_time = 720
は5秒x720=3600秒=1時間
ということで設定しているのですけど・・間違ってませんよね…


LinuxサーバHacks―プロが使うテクニック&ツール100選
LinuxサーバHacks―プロが使うテクニック&ツール100選
hdparmについても載っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です