「AutoCAD」タグアーカイブ

DXF2KML利用時のTip

頑張ってDXF作って変換したのにぶっ飛んだ位置にGoogleEarth君がまわってゆき、思った通りに表示されないとき。

たぶん、一部座標値が正しく変換されていない可能性が高いです。

そんなときは。

 

1.kml、kmzをテキストエディタで開き、【NaN】という値を探してみましょう。もちろん、coordinate項目にあるはず。

見つけた項目のハンドルIDがわかると思うので、それを使ってオブジェクトを修正します。

 

2.元のDXFファイルをAtuoCADで開き、オブジェクトを修正します。

どれかを調べるのに便利なのが、(HANDENT “HandleID”)とうコマンド。

たとえば、どれかを見つけるときに_zoomコマンド、オブジェクトオプション(0)をした後で、先の(handent “handleID”)を使うと、画面を移動してくれます。

3.なおし終わったDXFを再度DXF2KMLで変換したら指定した座標位置に出てくると思います。

 

PCワークステーション

うちのThinkStationにはQuadroのFX1700がついているのだけど、古いとはいえQuadroブランドのビデオカードを新しいpcでも付けようとすると猛烈に高価。

さすがに新調はできないなぁとため息。
別にAutoCADは家で環境作ることも無いと納得させるが・・自分のうちが一番環境が整っていていいんだよなぁ~

PDFファイルの出力実態

気になるメモ

予想はつくが、確認していないメモ。
AutoCADでA1やA3設定にしてある図面をA4で出してくれという事がやや多いのだが、
AutoCADでスケールアウトでもいいからフィットしてA4出力するときは線の太さがちゃんとそのまま表現される。間は詰まるが、ちゃんと濃い図面となる。

ただ、面倒なのでPDFパブリッシュしてA3 PDFをreaderなどから用紙にあわせて出力すると・・
たぶん線も細くなる。。?
PDFはラスターデータで作成したものは間違いなく細く狭くなるが、AutCADからのパブリッシュ設定でレイヤーデータとともに出せるとしてもあれはラスターなのか?
ベクターデータなら期待もできるが、illustratorからのPDF化などでなければベクターデータとはならないのかな?

という疑問。

AutoCADの寸法

最近気になった事のメモ

AutoCADで、ほかの図面から一部コピーしてくるとき。
平行寸法や延長寸法の寸法値が逆になってしまう事がある。
座標系を測量座標系にあわせるためにグルグルっとする方法があったはずなので、それか?と思っているが未確認。

表を貼る

表スタイルが搭載されたバージョンのAutoCADにExcelから表をAutoCADオブジェクトとして貼ると、勝手に表になる。
表スタイルのコントロールが煩わしい自分にはとても邪魔な機能。

そこで、Excelでのコピーを「図としてコピー」にしてから貼り付けたらAutoCAD2004あたりでの貼り付け動作と同じになった。
もうしばらくこの方法でやっちゃおうかと。

AutoCADの表はどうも中途半端でね。。

画層管理

最近思うのだが、図面書くのが遅いとかレイヤー管理をほぼ無視するとか混在しまくる図面になる方はレイヤー管理のためのコマンド群を知らないのではないかと。

AutoCADのマニュアルにある

コマンド
CLASSICLAYER[旧画層管理]
旧式の[画層プロパティ管理]を開きます。
COPYTOLAYER[指定画層に複写]
1 つまたは複数のオブジェクトを別の画層に複写します。
LAYCUR[現在画層に移動]
選択したオブジェクトの画層プロパティを、現在の画層に変更します。
LAYDEL[画層削除]
画層上のすべてのオブジェクトを削除し、画層を名前削除します。
LAYER[画層管理]
画層と画層のプロパティを管理します。
LAYFRZ[画層フリーズ]
選択したオブジェクトの画層をフリーズします。
LAYISO[画層選択表示]
選択したオブジェクトの画層以外のすべての画層を非表示またはロックします。
LAYMCH[指定画層に移動]
選択したオブジェクトの画層を、指定した画層に変更します。
LAYMCUR[現在画層を変更]
現在の画層を、選択したオブジェクトの画層に設定します。
LAYMRG[画層合成]
選択した画層を合成先の画層に合成し、選択した元の画層を図面から削除します。
LAYOFF[選択オブジェクトの画層を非表示]
選択したオブジェクトの画層を非表示にします。
LAYON[全画層表示]
図面内のすべての画層を表示します。
LAYTHW[全画層フリーズ解除]
図面内のすべての画層をフリーズ解除します。
LAYUNISO[画層選択表示解除]
LAYISO[画層選択表示]コマンドによって非表示またはロックされたすべての画層を復元します。
LAYWALK[画層閲覧]
選択した画層上のオブジェクトを表示し、他のすべての画層上のオブジェクトを非表示にします。

この辺。
確か2007以降で使えると思った。