「自転車」カテゴリーアーカイブ

ポタリングというより通勤

寒い!
どうしたことか、昨日の帰り道から急に冬になった感じだ。
今日の帰り道、日曜日の20時と比べていったい何度低いんだ!?というくらい寒い。
ワイシャツ一枚ではとても寒い。BD-1は普通に走っていて24km/hくらいだから少し気温が低いと爽快を超して、寒い。
これから先の季節は自転車に乗る服装が難しそうな予感です。

夜中に雷門

フォトコンに応募してみようと思って何か題材はないものかと日々考えています。
あまり時間がないから身近なところで雷門を撮影しに。午前1時に雷門をフラフラしてきた後、帰宅途中での一枚。
都会は明るいですねぇ
長時間露光&HDR処理なので、見た感じに凄く近くなっています。
ゴジラのうんこよこ
今思うと何が主体なのかわからない良くない写真だな。

自作コロの実用性

まだ歩き回ったわけではないけれど、
試しに部屋の中でカバーを掛けて引いてみた。
okコロ
これはよい!
苦労して付けた甲斐がある。
ローラーの向きを変える機構がないから、押して歩くより引いて歩いた方がずっとスムーズと思われる。
歩いている時にペダルが足に当たってしまうときに備えてMKS(三ヶ島) プロムナード Ezyに変更してあるので安心です。

ズボンを縛るもの

自転車通勤時にスーツをだめにしない目的で裾を縛るひも。
有楽町のビックカメラ別館にていくつかあった。
800円くらいのふわふわしたマジックテープ、もちろん反射材付き。
結局買ったのは結構安かったクリップ式のもの。
少し小さいのが心配。

初夜

土曜日も帰宅時間は21時過ぎになってしまい、
初めてのライト灯光による自転車。
都内を夜走るにはライトだけでなく、後ろから見てもわかりやすいようにピカピカ点滅するライトが必要と思った。
危険だ。
今にも引っかけられそうになりながら帰宅。
特にタクシーは危険です。
タクシーたちは本当に確認しているのだろうかと思うくらい適当に発車、停車する。
本当に二種を持っているのか確認させていただきたい。

自転車通勤による被害

気にはなっていたのだが、ズボンの裾をまとめるベルトはやはり必須でした。
土曜、自転車にて出勤したときのこと。
いつも電車に乗る時間に遅くなってしまったと遅刻を心配しながら(土曜日だから人目を気にしてそう急ぐこともないが)結構急ぎ気味にペダルをこぐ。
あと5分くらいかなとホッとしているそのとき、なんとズボンの裾がチェーンに絡まった!
おわっと思って1周して解放されたズボンを確認すると、やっぱり穴が。orz
しかも油だらけ。
貴重なスーツのズボンが1本だめになった瞬間は結構ショック大きいです。
幸い、どのジャケットとセットなのかわからない1本だったからいいようなものの…(よくない
ズボンってすぐ直ったりするのでしょうか。
青山へ行くべきか。