epgdumpr2をmake

地デジ録画サーバー用に今度はepgdumpr2をインストール。
参考サイト

が、
$ make
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type -c epgdump.c
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type -c aribstr.c
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type -c eit.c
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type -c ts.c
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type -c util.c
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type -c sdt.c
gcc -std=c99 -O2 -Wall -g -Werror -Wno-return-type epgdump.o aribstr.o eit.o ts.o util.o sdt.o -o epgdump
aribstr.o: In function PutKanjiChar':
/home/watanabek/tuner/epgdumpr/epgdumpr2/aribstr.c:317: undefined reference to
libiconv_open’
/home/watanabek/tuner/epgdumpr/epgdumpr2/aribstr.c:321: undefined reference to libiconv'
/home/watanabek/tuner/epgdumpr/epgdumpr2/aribstr.c:323: undefined reference to
libiconv_close’
collect2: ld returned 1 exit status
make: *** [epgdump] エラー 1

あら、エラー。
sourceみてもおかしいと思えなかったので、sambaのコンパイル設定を眺めてたら-liconvというオプションをつけていたので、MakefileのLIBSに追加してみたら無事コンパイル成功。

動作も確認したので、今日は終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です