Book Off < オークション

コミックをようやく処分。
部屋の大部分を占めていた実家から来たコミックたち。
全部で120冊前後で、すべて一回で持って行くのも凄く大変だったのに、30分以上かけて運んだ結果は3,050円。(怒
あずみ現全巻とかベルセルク30冊とかモンスター全巻を含んでいたんだから、やっぱオークションでそれぞれをセットにして出した方が結果3倍くらいの額は・・・そうはいかない?
いや、しかし全部で3,000円なんてことはないだろう。

自転車あったら便利かな

最近折りたたみ自転車の購入を前向きに検討中。
まず調べたのはDahonというメーカーだけど、なんか剛性が気になる。
実際に自転車を見たときに気になったメーカーを調べてみると、どうもこの手の商品の売れ筋らしい。(凄く高いけど
それがBD-1という自転車。
メーカーはリーズ&ミューラー(r&m)
ん~性能美を求めるスペック野郎としてはBD-1 9Speedが凄く欲しい。
実はこれだけで20万円近い定価価格。
こんな高いのにカスタムパーツがこれほど出そろう人気があると言うことは、相当認められている商品と見た。
デジカメを生かすためにも自転車は欲しいんだが・・値段。

半角カタカナを全角へ変換しちゃう

rubyで目的とすることだけ。
!/usr/bin/env ruby
require “find”
require “fileutils”
require “kconv”
require “nkf”
unless ARGV[0]
print “ta-taX0201.rb -Version0.1- 2009/6/25n”
print “t使用方法ntt./ta-taX0201.rb pathnn”
exit 1
end
#---------------------------------------------------------#
# ディレクトリとファイルは別々に処理してます
# 何かいい案ありませんか
#---------------------------------------------------------#
def dirrename(path)
Find.find(File.expand_path(path)){ |file|
if File.directory?(file) then
Find.prune if file =~ /.recycle/
if file =~ /(?:xEFxBD[xA1-xBF]|xEFxBE[x80-x9F])/ then
File.rename(file, NKF::nkf(‘-WwX -m0’, file))
puts file + ” をn” + NKF::nkf(‘-WwX -m0’, file) + ” に変更しました。”
end
end
}
end
def filerename(path)
Find.find(File.expand_path(path)){ |file|
if File.file?(file) then
Find.prune if file =~ /.recycle/
if file =~ /(?:xEFxBD[xA1-xBF]|xEFxBE[x80-x9F])/ then
File.rename(file, NKF::nkf(‘-WwX -m0’, file))
puts file + ” をn” + NKF::nkf(‘-WwX -m0’, file) + ” に変更しました。”
end
end
}
end
dirrename(ARGV[0])
filerename(ARGV[0])
こんな感じで指定した場所以下を再帰的に探し回って、変換して。
使うときは自己責任で。

dxfやらdwgやらjww変換

jwwのファイルを変換したりすると英数字が全部全角だったり(設定できるんだろうなぁ?)カタカナは全角だけど、濁点が単独characterだったりする。
特に問題はなくてもDWGファイル無いの英数字を全角半角切り替えしたいときに便利な手法。
必要なもの。
秀丸とか秀丸。ここでは特に秀丸。
それと文字種変換マクロ。秀丸さんサイトに登録されています。確か
AutoCADはDXFファイルにしても結構内容が壊れない様に出来ているので、(あまりこったことをしていないから問題なし)一度DXFに保存して秀丸で文字種変換する。
これで幸せ。

半角カタカナ嫌い

データサーバ上にたくさんある半角カタカナのディレクトリやらファイルやら。
皆さんあまり半角とか全角とか気にならないらしい。
最近は特に問題になったこともないが、ずっと嫌いな半角カタカナ(X0201)
ファイル名を全角化してくれるフリーソフトはあるけど、フォルダを含むpathとなると対応してるツールが見あたらない。
久しぶりにrubyでそういうことをしてみることに。
とりあえず今日は見つけ出して変換後を確認するスクリプト。
!/usr/bin/env ruby
require “find”
require “fileutils”
require “kconv”
require “nkf”
unless ARGV[0]
puts “pathを指定してね。”
exit 1
end
#ディレクトリ内を再帰的に
Find.find(File.expand_path(ARGV[0])){|path|
if path =~ /(?:xEFxBD[xA1-xBF]|xEFxBE[x80-x9F])/
puts “発見: ” + path
puts “>>強制: ” + NKF::nkf(‘-WwX -m0’, path)
end
}
 if path =~ /(?:xEFxBD[xA1-xBF]|xEFxBE[x80-x9F])/
これを調べたらすぐですね。
後はpathを変える処理がちゃんと出来るのかテスト環境を…

iPod touchとWZR2-G300N

まぁたぶんtouchの方と思うのだが、
設定した直後はつながっているけど翌日持ち帰ったtouchは通信できない。
言語設定を英語にしないとパスワードが蹴られちゃうなんて話も聞きますけど、この現象はどうしたらよいものか。
ネットワークが安定して使えないと利便性も台無しだぁ

iPod touchのOS

なんかカットペーストが出来るようになったと言うことで、1,200円買ってみました。
257.8MBダウンロード中。
ハードは変わらないからねぇ…
とは言っても無線LAN回りで非常に不安定な面があるからその辺が直るともっとうれしい。
ドコモの公衆無線サービスはやっぱりほとんど使わない。
これは必要なときだけにしておいた方が賢明か!?
週末も仕事をしているようではねぇ~何とも