フラッシュメモリ価格

もうちょっと大きすぎるのではないかというレベルの容量が当たり前になってきたみたい。
amazonでも8GBが1,700円程度・・・すごい。[:汗:]
覚えているだけでも
鞄に4,2,0.5GBのUSBメモリとカメラに16,2,0.5GBのSDカード。普段持ち歩いているだけで20GB以上あるみたい
カメラ周りに10GB分のCF、すごいねぇ
カメラ用はちょっと容量不足だな。
高速CF欲しい

wineをスクリプト内で使う

単体では機能するスクリプトになっているのだが、HyperEstraierのギャザラからの呼び出しで機能しないのですが・・・なぜ?
誰か教えてください!! m(_ _)m
単体で機能しているフィルタ
#! /bin/sh
# set variables
#LD_LIBRARY_PATH=”/usr/local/lib:/usr/local/lib/wine” ; export LD_LIBRARY_PATH
PATH=”$PATH:/usr/local/sbin:/usr/X11R6/bin
:/root/.wine/drive_c/windows/system32:/root/.wine” ; export PATH
LANG=”ja_JP.UTF-8″ ; export LANG
WINEPREFIX=/root/.wine ; export WINEPREFIX
progname=”estfxdoc2txt”
WINE=”/usr/local/bin/wine”
XDOC2TXT=”/usr/local/sbin/xdoc2txt.exe”
ICONV=”/usr/local/bin/iconv”
SED=”/bin/sed”
# check arguments
if [ $# -lt 1 ]
then
printf ‘%s: usage: %s infile [outfile]n’ “$progname” “$progname” 1>&2
exit 1
fi
infile=”$1″
outfile=”$2″
if [ -n “$ESTORIGFILE” ] && [ -f “$ESTORIGFILE” ]
then
infile=”$ESTORIGFILE”
fi
# check the input
if [ “!” -f “$infile” ]
then
printf ‘%s: %s: no such filen’ “$progname” “$infile” 1>&2
exit 1
fi
# initialize the output file
if [ -n “$outfile” ]
then
rm -f “$outfile”
fi
# function to output
output(){
if [ -n “$outfile” ]
then
cat >> “$outfile”
else
cat
fi
}
# limit the resource
#ulimit -v 524288 -t 10 2> “/dev/null”
# output the result
$WINE $XDOC2TXT -n -r=0 -o=1 “$infile” | $ICONV -f CP932 -t UTF-8 -c | $SED -e ‘s/ //g’ -e ‘s/^M//g’ | output
# exit normally
exit 0
# END OF FILE
で、それを呼び出している行がこれ
estcmd gather -il ja -ic UTF-8 -fx “.rtf,.docx,.xlsx,.pptx,.doc,.xls,.ppt,.pdf,.mht,.html,.eml,.sxw,.sxc,
.sxi,.sxd,.odt,.ods,.odp,.odg,.jaw,.jtw,.jbw,.juw,.jfw,.jvw,.jtd,.jtt,
.oas,.oa2,.oa3,.bun,.wj2,.wj3,.wk3,.wk4,.123,.wri”
“T@estfxdoc2txt” -fz -sd -cm -um -pc UTF-8 -cs 400 -lf 64 $subdex $target
テスト用に.xlsだけ抜いてxlhtmlと切り替えて実験したとき。
estcmd gather -il ja -fx “.xls” “T@estfxdoc2txt” -fz -sd -cm -um -pc UTF-8 -cs 400 -lf 64 インデックス 対象
場合分けした結果、やっぱりwineで動かしたxdoc2txt.exeの時だけxcmd-out-hogehoge.estが空っぽ。
wineを使ったときのリダイレクトとか調べているのですが・・・

ハンディーカメラで撮影?

クローバーフィールド
これはどうやって撮影したのだ?
パニックアクションが登場人物によって撮影されているこの映画、そうです何ヶ月もCMばかりやっていたようなあれ。
自由の女神の頭だけが降ってくるCMです。
こういう極端にカメラを振って撮影されている映像は液晶じゃ無理だろうなぁ・・・プラズマ買って良かった。
エンディングロール見ていて、Timedomainで良かった。
そう思った。
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション
これはこれでありだと思いますよ、凄く酔いやすい人でなければおすすめします。
前情報全くなしで見てみよう。

ubuntuで使っているatok

皆さん同じような不満が多いので情報も結構ある。
オフィシャルの情報もあったから非常に好感>Justsystem
sourcenextとは違うね。
以下作業まとめ。
Atokの左下表示を出さないようにする。
$ wget http://www3.justsystem.co.jp/download/atok/ut/lin/iiimf_status_hide.gz
$ gunzip iiimf_status_hide.gz
$ sudo mv iiimf_status_hide /opt/atokx3/sample/
$ cd /opt/atokx3/sample/
$ sudo chown root:root iiimf_status_hide.gz
$ sudo chmod 755 iiimf_status_hide.gz
$ iiimf_status_hide.gz
起動するたびに実行する必要があるということ。
$ sudo vim /etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf
最後の行に
/opt/atokx3/sample/iiimf_status_hide
emacsのミニバッファにでる表示対応(非表示化)
$ sudo vim ~/.Xresources
Emacs*ximStyles: XIMPreeditPosition|XIMStatusNothing
上記を追加する。
ただし、これは上記作業をやっていないとだめかも?

sslでwabdav

毎回毎回情報を上手く整理できず設定に戸惑るwebdav。
ほとんど使用頻度はないけど+LDAPでもっと便利になることを期待。
とりあえず今回の主要設定項目を。
NameVirtualHost *:443

# General setup for the virtual host
DocumentRoot “/var/www/”
ServerName hogehoge.jp:443
ErrorLog “/var/log/apache2/ssl-error_log”
TransferLog “/var/log/apache2/ssl-access_log”
Alias /tank “/srv/share/tank”

Header add MS-Author-Via “DAV”


DAV On
SSLRequireSSL
Options FollowSymLinks Indexes
## 認証設定
AuthType Digest
AuthName “member”
AuthDigestProvider file
AuthUserFile “/etc/apache2/dav.passwd”
AuthDigestDomain /tank/ Require user hoge Order deny,allow
Deny from all
Allow from all