被写界深度のコントロール

被写界深度のコントロールはホント難しいですよねぇ、プロって言う人たちは自然と(故意に?)これをコントロールする人たちと解釈しているが、やっぱそれなりに見てもらえる写真を撮るにはこの辺の感覚を少なからず身につけないと。
許容錯乱円の算出が一番問題となるところだが、一応電卓もある
自分と被写体の距離、それに絞りでどのくらい写るのか。
それを見極めなくては!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です