emacsの影響

昔からCapsLockキーをCtrlキーと入れ替える人がいるのはなぜだろうと思っていたのですが、ようやく理解。
emacs。
サーバで使うプログラムを書こうと思って再びCを使おうとしてemacsを選んでまずtutorialをやりましたが、納得です、CapsLockの位置にCtrlがあるとありがたい。昔はこうだったのでしょうか?それともJP106キーがそうなってしまったのか?
ともかく、CapsLockはCrtlと入れ替えることに。
問題はmetaキーとして割り当てられているAltキーが押しにくいこと。一度Escを押してからというのも嫌ですから・・・
emacsのヘビーユーザーさんはmetaをどうやって押すのだろうか。
C-xもC-cも押しやすいとは言いにくいが・・・M-xなんてホームポジションからどう動くんだ!?
知りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です