ようやく構築中

外からアクセするために自宅にsambaサーバをたてる。
とりあえずインストールから始めました。
そして、sambaのまえに、iconv。
確か1.11用にパッチが・・・・と掲示板に発見。
sudo aptitude install binutils cpp cpp-4.1 gawk gcc gcc-4.1 libc6-dev make
sudo aptitude install gettext gperf groff
tar zxvf libiconv-1.11.tar.gz
cd libiconv-1.11/
gzip -dc ../libiconv-1.11-cp932-devel.patch.gz | patch -p1
(2007/11/03:FHSを思い出す。/usr/local以下にしておこうと思って修正)
./configure --prefix=/usr<=これはやめて、
./configure
make -f Makefile.devel
make
sudo mv /usr/bin/iconv /usr/bin/iconv.236<=これもだめ。元に戻します
sudo make install
iconv --version
iconv (GNU libiconv 1.11)
Copyright (C) 2000-2006 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
Written by Bruno Haible.
おっけー。と、おもったら、
iconv -l | egrep -i ‘(-31j|-ms)’
EUC-JP-MS EUCJP-MS EUCJP-WIN EUCJPMS
CP932 MS932 WINDOWS-31J
確認でなんか今まで使ってきたiconvよりすくないぞ?
もう一度調べたらhttp://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/software/libiconv-1.11-ja-patch.html
正規の解説が!
これでiconvはばっちりだー
/usr/local/bin/iconv -l | grep -- -MS<=インストールしたものは/usr/local/binに
EUC-JP-MS EUCJP-MS EUCJP-OPEN EUCJP-WIN EUCJPMS
CP932 MS932 SHIFFT_JIS-MS SJIS-MS SJIS-OPEN SJIS-WIN WINDOWS-31J WINDOWS-932 CSWINDOWS31J
ISO-2022-JP-MS
ほらこの通り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です