XPのネットワークトラブル

どうにもうまく動かなくなってしまったとき、再インストールをする前に実行すると良いかも。
まず、xp/2003ではネットワークプロトコルtcp/ipがアンインストールできないようになっている。
ここでOSの再インストールを考えてしまうのですが、一応リセット機能がある。
netsh int ip reset
ここで『IPMONTR.DLL にある初期化関数 InitHelperDll を起動できませんでした。エラー コードは 10107 です。』なんてエラーが出る場合はwinsock破損の可能性が高い。
winsockの破損確認と回復方法はMicrosoftからも技術情報が提供されているからその通りにすると良い。
まず確認はサポートツールによるものが楽なんですけど、そのままの環境で確認することも出来るみたい。(やってない
msinfo32を実行してコンポーネント => ネットワーク => プロトコルを表示したときに

• MSAFD Tcpip [TCP/IP]
• MSAFD Tcpip [UDP/IP]
• RSVP UDP Service Provider
• RSVP TCP Service Provider
• MSAFD NetBIOS [DeviceNetBT_Tcpip…
• MSAFD NetBIOS [DeviceNetBT_Tcpip…
• MSAFD NetBIOS [DeviceNetBT_Tcpip…
• MSAFD NetBIOS [DeviceNetBT_Tcpip…
• MSAFD NetBIOS [DeviceNetBT_Tcpip…
• MSAFD NetBIOS [DeviceNetBT_Tcpip…

この10個が記載されていることを確認。この中で名前が違うなどのことがあると破損していたりその他の原因があるそう。
こうしてwinsockの破損を確認したら回復手順にはいるのですが、SP2の適用xpとそれ以前のxpとで作業が分かれる。
sp2の場合は
netsh winsock reset catalog
とすることでwinsock2のカタログを再構築してくれるそうで、実際こうやったら直ったことがある。
そもそもカタログって目録?ということは設定項目だけでファイルが足りないわけではない時に有効でファイルがないとか致命的な問題に対しては駄目かもしれないってことか。
そのほかにもtcp/ipをインストールする方法が掲載されているからMicrosoftのknowledge baseを参考にすると良いと思います。
:情報:
Windows OSのTCP/IP設定をリセットする
Winsock2 の破損を確認して回復する方法
“Windows XP Service Pack 2 セキュリティ強化機能搭載” での機能の変更点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です