smbmountを使って玄箱のsambaをマウント

検索対象としている玄箱の中身をsambaで共有しているのでHyperEstraierにて検索対象とするべくマウントします。
smbmountは今まで導入していなかったのでsamba3のバージョンアップと併せてやってみました。
入手ファイル
ftp://ftp.samba.gr.jp/pub/samba/stable/samba-3.0.21b.tar.gz
手順

$ tar zxvf samba-3.0.21b.tar.gz
$ cd samba-3.0.14a/source/
$ ./configure --prefix=/usr --bindir=/usr/bin --sbindir=/usr/sbin --with-lockdir=/var/lock/samba --libdir=/etc/samba --with-configdir=/etc/samba --with-privatedir=/etc/samba --with-codepagedir=/usr/share/samba/codepages --with-sambabook=/usr/share/swat/using_samba --with-swatdir=/usr/sbin --with-fhs --with-libiconv=/usr/local --with-pam --with-pam_smbpass --with-acl-support --with-tdbsam --with-ldapsam --with-syslog --with-quotas --with-utmp --with-i18n-swat --with-swat-def-lang=ja --with-vfs --with-automount --with-winbind --with-smbmount

今まで使っていたものに--with-smbmountを追加しただけですので、問題なく通りました。
Kernelに依存する機能ということなので、エラーになってしまうこともあるでしょう。。
あとは

$ make
$ su
# make install

だけですね。


プリンタの共有を提供している場合はCUPSの再起動もやらないと駄目なのかもしれません。(だいじょぶ?
うちの環境ではsambaをリスタートさせてからwsatで全体の再起動をしてやるとユーザー認証も元通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です