PCの廃棄

PCの廃棄は気をつけて行うのが最近の常識。
というのも、HDD上で通常”削除”というとインデックスから消えるのみで実際のデータが残っていたりする。
どういうことかというと、目次からファイルの存在が無くなるだけで実物は存在するのです!ちょっと驚いちゃうでしょう?
そんな取り残されたようなデータはフリーソフトを使っても簡単に復元することが出来ちゃったりするのです。
だからHDDだけを抜かれてそのHDDからその人の持っていた恥ずかしい写真とかも閲覧されてしまう危険性がある。[:ぽっ:]
データは綺麗に消してから廃棄場所に持って行きましょう。
最近は色々と便利なソフトがジャンジャカ売り出されていますけど、もちろん無料で出来ちゃったりもする。
お勧めはwipe-outというソフトですが、イメージファイルという物を扱ったりするため、肝心のFD作るのに????かもしれません。でも頑張って出来る人はやりましょう。気合いです
NSA(米国国家安全保償局)勧告に準拠した消去が簡単にできそうなのはDESTROYというソフトですが、実際やることは同じようなもの。メニューっぽく表示してくれるwipe-outの方が若干使い勝手が良かったりするかも。
(コマンドラインだってヘルプが出るので変わんないけどね・・・)
目指せ完全削除!!
オークションでPCを下取りに出したい人、中古買い取りしてもらう人、譲渡する人、そんな方も気をつけて。
渡した途端に相手に恥ずかしいmailなどを読まれしまうかも!?
消したのに!![:ぎょーん:]
そんなとき便利そうなのはDiscRamble
ディスクの空きスペースを復元できないようにしてくれるソフト。若干危険感を覚えますが、チャレンジしてみてください。
どうせ動かなくなったって手放すPCです、駄目だったらwipe-out使って消してから再セットアップだけやればよいでしょう。。
ちなみに、あれ!消えちゃった!!?というデータを復活させるには復元がお手頃。
フリーソフトなのでお金はかからないし、インストールが不要。いざというときのためにFDに入れておけばそこから起動ok。
最近なら起動速度を考えてUSBストレージを使うとgoodかと。さらには完全削除機能があるので一度フル検索をかけてやばいファイルはここで削除すると良いかもしれませんね。
たまには役に立つことを書いてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です