ファイルを圧縮してまとめたい

バックアップサーバで玄箱HGの共有部分を毎週世代バップアップを取っていますが、実は今までメディアにも残してきた。
現状でメディアに落とす工程は
1,自分のPCに共有部分をすべてコピーする。
2,DVDにはいるように適当なフォルダをrar圧縮する。
3,ライティングソフトを使い、焼く。
というかなり時間のかかることをしている。
さすがにこんな事を受け継ぐのはいやがられるだろう・・解ってもらえない。
そんなわけで、スクリプトを作り、世代バックアップが終わったらそのフォルダに持ってきたデータをコツコツ圧縮し、CDサイズ若しくはDVDサイズに分割して保存してくれる仕組みを考えた。
はじめの内はVackupと言うソフトのようにcabファイルをcdサイズ事にまとめてくれる物を目指したが、cabが作れるソフトはあってもサイズ指定での作成は出来ないみたい。
走行調べているとき見つけたのがcpioの後継と言われるafioだ。
自動で指定サイズに分けて出力してくれるのだけど、HDDをターゲットにしてファイル名を連番で付けてくれると行った気の利いたコマンドがない。
仕方がないので、突発的日々雑感日記さんを参考に
find /mnt/share/backup.0/common2
| afio -ovlZ -L /var/log/afio.log /dev/stdout
| split -b 4400m - /mnt/share/backup.arch/common2.afz.
こーんな感じにしてみた。
-P biz2とすると圧縮率は上がるけどちょっと時間がかかりすぎるので通常モードにした。
cp -a
を的確に処理していただくためには-lオプションが必要のようですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です