Debianコンソールで日本語表示

インストールがとても簡単にできるようになったらしいDebianもInstall後apt-get update等を行うと必ずどこかで日本語表記になるため、(当然だが)文字は化けてしまう。
こんなときは、化けてしまっていまい痴話からないながらに
apt-get install xfonts-base
としてフォントを導入してから
modprobe -q vesafb || modprobe -q vga16fb
modprobe -q fbcon
jfbterm -q -c other,EUC-JP,iconv,UTF-8
の様にすると、日本語が表示できるjfbtermが動いてくれる。
脱出はexitで。
xfonts-baseを入れないと、麻雀パイみたいな文字になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です