ノートにDVD-Rつけるよりやすい方法

いろいろとノートパソコンをいじり、メモリもついに1GB積んでしまった。
こうなってくるとDVDくらい焼けないともったいない。バックアップも楽になる。(タダ、出費が必要[:しょぼん:])
候補
外付けで5インチベイを使うケースはいろいろあるが・・・
EX525-01
 これはやすい。このケースを使ってDVDドライブをつければ1万円くらいかな。性能とアダプタのかさばりが問題。
USB2.0 5インチドライブケース RS-U2EC5X/RS-U2EC5AL
 性能はよいのかもしれないが・・・[:きゅー:]これは高すぎるだろう。これ+DVDドライブ買うのなら、はじめからノート用のスリムドライブを買った方がよい。かさばらず、”ノート”を維持できる。
DONYAダイレクト DN-IDE3525
 上海問屋で見つけたなかなかcoolなコード。ただし、電源問題は残る。ACアダプタがデカすぎる!静穏設計と歌ってはいるが、これは当たり前。だって、アダプタだよ?
う~むやはり外付けはしっくり来ません。
個々は内蔵ドライブを買い、ベゼル加工が正解か!?
こちらはTEAC DV-W28EもしくはLG GMA-4080Nが筆頭候補だ。
4080Nが若干CD-RW速度で勝っている。が、そんなメディア持っていない。[:しくしく:]まぁー今更使わないメディアだ。x12あれば十分。
静穏性+シェアで勝負かな。
内蔵となると、付くのかつかないのかが問題にもなってくる訳であります。[:むむっ:]
しっかり調べましょう。
仕事用PCのほっとすパップ作戦もやりたいところであるが、実はこのノートでDVDを焼くということは結構重要だったりする。
さて、どっちをとる?

「ノートにDVD-Rつけるよりやすい方法」への3件のフィードバック

  1. 私もこの商品を上海問屋さんで見かけて興味を持ちましたが、電源がもう1つ必要になることを考えると憂鬱になりますよね。
    スリムドライブが1万円を切るのはいつのことか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です