Linuxでディスクアクセスエラーになった

玄箱を使っている事務所で、バックアップを担当させているもう一台のサーバにディスクエラーが生じていました。
読もうと思ったファイルが読めない。
dmesgをみると、
hdd: task_in_intr: status=0x59 { DriveReady SeekComplete DataRequest Error }
hdd: task_in_intr: error=0x10 { SectorIdNotFound }, LBAsect=91434773, sector=91434773
hdd: task_in_intr: status=0x59 { DriveReady SeekComplete DataRequest Error }
hdd: task_in_intr: error=0x10 { SectorIdNotFound }, LBAsect=91434773, sector=91434773
hdd: task_in_intr: status=0x59 { DriveReady SeekComplete DataRequest Error }
hdd: task_in_intr: error=0x10 { SectorIdNotFound }, LBAsect=91434773, sector=91434773
hdd: task_in_intr: status=0x59 { DriveReady SeekComplete DataRequest Error }
hdd: task_in_intr: error=0x10 { SectorIdNotFound }, LBAsect=91434773, sector=91434773
ide1: reset: success
エラーが記録されている。
smartでもやはりエラーが急増しており、これは少々問題だ。
ていうかすでにバックアップファイルが使えなくなった。。
もう忘れてしまっていたLinuxでのディスク検査コマンド、fsck
きわめて危険な状態にあるときは慎重に行動すべし!
簡単に使ってよいコマンドではないし、緊急事態にはかえって事を悪化させるので冷静に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です