がむ
キシリトール(XYLITOL)ガム。最近よく咬んでいます。この種のガム。
一般的によく知られている(コマーシャルをやっている)種はロッテのキシリトールガム、グリコのポスカム、
それにキャドバリージャパンのリカルデントがあると思うけど、
市場を見ていてポスカムとリカルデントは120円から値が落ちてこない。
安売りをしているところを見ない。
このような状態からいずれも特定保健用食品とはいえ、ポスカム・リカルデントが上品質なんだろうと予想してみた。
ところが、キシリトール製品を選ぶ基準が甘味料50%以上がキシリトールであることなど、
キシリトール量が一番重要であることが日常からの逃避中に発覚した。
そういうわけで、結局の所ロッテのキシリトール100シリーズがキシリトール量100%で最高。
医院専売品のロッテオーラルケアと比べてもリン酸量が大場に違う点を除けば一緒。
キシリトール・タブレットは特定保健用食品ではあるけど、96%キシリトールとなっている。
おそらく4%程度の脂質がある模様。
いったい特定保健用食品というのはどういう基準でマークが付くのか。。。
キシリトール100シリーズは単に申請していないだけなのだろうか。世の中の謎は深まるばかりだ。
兎に角、
次にキシリトールガムを買うときはロッテのキシリトール100・ガム、生協パック(メロンミント)1パック60粒で決まりだね!
ちなみに、ロッテキシリトールガム+2の+2とはフラノンとリン酸カルシウムです。
この商品、キシリトール量は53%。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です