sourceとheader

Redhat9の難
WLSUB-11 Keyのドライバや、LtmodemのドライバをInstallするにはKernelのheaderが必要らしい。
make allとかbuild_moduleすると怒られる。
まずはkernelのsrc.rpmを導入。あとglibc-kernelheadrを導入。
これでも両者うまくいきません。どうしたらよいのでしょう。
難しいです。
ふむ
今日覚えたこと。
lspciがあるならlsusbなんてのもあるんじゃない?と冗談で打ってみた。でた・・・・
lsusbコマンドでusbデバイスの情報が確認できます。
でも未だにWLUSB-11 Keyが使えません。(涙
usb.usermapがおかしいの??書いてあるとおりに作っているのにぃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です