成功かも

クライアントとサーバー
HylaFaxにClientを認識させる。
hosts.hfaxdに

client
10.2.126.10

のように記入hosts.hfaxdは4.1.7のDefaultだと/var/spool/hylafax/etcにありました。
後はServerに登録されているユーザーなら使えるのではないかと。
これは明日また確認予定。
Serverが無事にclientPCで使えるようになったらプリントする要領でWHFCへ送ります。
どうしてもマルチバイトとシングルバイトが同時に出なかったり、
文字が途中で切れ切れ担ったりと問題がありました。
これはclient(Windows)側の問題ではないかな?と思い、
Driverを週種類試してみました。
AppleのPSとつくPostscriptだろうというドライバーです。結果からいってしまうと、
Apple Laserwriter 12/640 PSで綺麗に送信できました。
12あたりは文字のポイントかな?と思うような感じです。
文字の切れ切れがなくなり、濃く出ています。Wordでイラストを送ってみたらカラーの部分がメッシュになりました。
これもちょっと問題かも。
残る問題
ヘッダ部分にはFromの部分と送信日時と思われる部分、及びページ数が出ます。
しかしこれがマルチバイト対応でないようで・・・
これを解決しようとしたらプログラム(HylaFax)をいじるしかないのではないかなぁ
これは調べてもなにも情報がないんだよなぁ。ないって事しかわからない。どーしよぉ
Fromだけはローマ字で書けばいいとしても
%cの部分(おそらく送信日時)をどうしたものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です