bootpart

ブート
Z505CR/KでのWin&VineのDualbootに成功しました!やった
かなり大まかな手順としては

  1. Win環境用にパーティーションを区切りInstall
  2. VineをInstall(起動ディスクは作れなかった)
  3. Win上にてbootpartを使いNTローダーにVineの/bootを登録

Win環境はリカバリーディスクなどを使って簡単に構築できます。当然Vineを入れるところは残しておきます。
Win環境をある程度作ってパーティーションマジックをいれると、簡単にパーティーション操作ができます。(パーティーションマジックがもう少しやすければいいのに
あとはVineをInstall。このときのパーティーション設定は当然のように覚えておきましょう。ていうか自分で作った方がベターかも。
USB接続のFDDだとインストーラーで起動ディスクが作成できませんでした。困りに困ったのですが、googleで調べてbootpartなる優秀なソフトがあることがわかりました。さらにはM-Taniguchi氏のページに懇切丁寧な説明も。(参考にさせていただいております)
早速小さいけど優秀なbootpartを落としてきて、

この表示を見て/bootがどれかを見つけます。
次に

などとします。
#には先ほど覚えた番号を入れますよ。
無事出来たら再起動。
ブートローダーにVine Linux Verion2.6R1が追加されていますので、選択。
正常に出来ていればVineが美しく起動します。
めでたしめでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です